2013年02月25日

障害者の生活:入浴介助

障害者の生活:入浴介助
 日中の生活の中で、大きなものの一つが入浴です。
障害特性や健康面に合わせて、ストレッチャーを使って浴槽へ移動する「特殊浴」、シャワードームにストレッチャーで入る「シャワー浴」、ご自分で手すりを伝って入ったりリフターを使って湯舟まで移動して入る銭湯のような浴槽の「一般浴」の3種類の方法から選択します。
入所と短期入所の利用者さんは週に2、3回の入浴、デイサービスの方は可能な限りご希望に合わせた回数入浴を行っています。
1(1).gif


〜入浴場面のエピソード〜

『風呂場はくつろぎの時間』
 大勢の人が生活している環境では、昼間とても騒がしくなってしまう事もありますが、しばらくそこから離れて、お湯につかりながらほっとする事が出来るのが入浴の時間です。そのような雰囲気の中で利用者の方と接すると、普段話さない事を話したり、お互いに緊張が解けて思わず本音が出て来る事もあります。
体を洗っている時や、湯船につかっている間は、いろいろな話をします。
去年の夏はロンドンオリンピックがあったので、スポーツの話題で盛り上がる事もありました。
その他には、テレビ番組の話や、話題の芸能人、天気の話題などの他愛もない話もして楽しんでいます。

デイサービスの利用者さんは家での生活や、外出した話などする事もあり、入所利用者とは違った一面もあります。職員と利用者さんの会話に他の利用者さんも加わってくる事もあり、利用者さん同士の交流の場にもなっているようです。
入浴の時間は利用者さんにリラックスしてもらい、楽しい時間を過ごしてもらえるように心がけています。
また、職員も一緒に楽しむ事で、距離も近くなり信頼関係も築きやすくなります。よりよい介助を提供するためにも、この時間はとても大事だと思います。
2(1).gif

記事内容:Copyright (C) 2013 社会福祉法人 横浜市社会事業協会 障害者支援施設 よこはまリバーサイド泉 All Rights Reserved.
posted by よこはまリバーサイド泉(障害者支援施設)のブログ at 13:51| 障害者の生活