2016年07月07日

頑張らない介護を目指します! 〜リバーサイド泉施設長より〜

頑張らない介護を目指しますexclamationぴかぴか(新しい)
〜リバーサイド泉施設長より〜


当施設では、今年度より、ノーリフトを始めますひらめき
nolift-title_R.jpg

ノーリフトとは、オーストラリアで腰痛予防対策のために提唱された考え方で、その内容は、 危険ふらふらや苦痛の伴う、人力のみの移乗を禁止し、また、患者さんの自立度を考慮した福祉機器を使用した移乗介護をおこなうというものです。

 現在、日本は工場などの労働現場の腰痛対策は、世界一との評価を受けています。しかし、残念ながら、福祉の現場では、腰痛ふらふらの労災申請が一向に減らない状況にありますたらーっ(汗)この原因として、介護は人と人の触れ合いが大切なので、移乗介護も人力で行わなければならないという考え方や、福祉だから多少のことは我慢しなければいけないという職員の頑張りに甘えた、管理者側の怠慢にあるのではないでしょうか。
kaigo_woman_R.jpg

 そこで、当施設では、専門家として日本ノーリフト協会様とコンサルティング契約を結び、今年をノーリフト元年ぴかぴか(新しい)と位置づけ、単なる福祉機器の導入に終わることなく、職場環境を含めた、業務全般の見直し、さらには、人力による「頑張る介護」をよしとする福祉の職場風土を変革NEWし、誰もができる「頑張らない介護」による、働きやすい介護現場の構築を目指しますひらめき
IMG_0026_R.JPG

 また、将来は、施設でのノーリフト導入におけるスキルを地域の皆様にも還元することにより、ご家庭家での介護負担の軽減につなげられるよう取り組んでいきます。


記事内容:Copyright (C) 2016 社会福祉法人 横浜市社会事業協会 障害者支援施設 よこはまリバーサイド泉 All Rights Reserved.
posted by 障害者支援施設よこはまリバーサイド泉のブログ at 16:27| その他